スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水揚げが良いて。。。

お花の用語編。。。

よく私のお教室では、このお花水落しやすいので注意が必要ですよ~、とか、
このお花の水揚げの方法は~ですよ、などと言う話をしますが、
聞きなれない方もいると思うので簡単に説明します。

             2009 5 29 030(つり花作品)


水揚げが良い、というのは花材の水の吸い上げが良い事をいいます。

例えば、このお花水揚げがよく出来てるはぁ~と、言う時はそのお花が水を良く吸い上げていてピチピチ生きが良い元気な状態を示します。

市場からお花を買ってきて、さぁ、水揚げしましょ!と、言う時はそのお花の性質に応じて、折ったり、焼いたり、叩いたりしてお花が水を吸い上げしやすいように作業する事をいいます。

お花を長く綺麗に咲かせるためには必要なことです。


水落してる、水落しやすいとは、花材が十分に水を吸い上げる事ができずに、新しいお花なのにしなーとなる事を言います。または、お花自体が水を吸い上げる力が弱い場合を言います。

水落の原因のひとつ、お花を切り取ってから水につけずに放置した場合。
これでは、どんなお花でもしなーとしてしまいます。

原因のもうひとつは、お花の持つ特性です。
例えばこの時季綺麗なアジサイ。。。
お庭からきってきてすぐに花瓶に入れたのにしなーとなってしまった経験はありませんか?
綺麗なバラの花束。。。
花瓶に入れたのにすぐに花首が下がってしまった経験はありませんか?
お花によってはひとてまの手助けが必要な種類もあります。

それでも、切花は切り取られてから飛行機やトラックに載せられ
市場に届くまでに少なくても1~2日かかってそこからお花屋さん→私達の手に届きます。
そのため、どんどん品種改良がなされてより日持ち、水揚げの良い品種が出てきています。
お教室でも水落しやすいなどの理由から使わないお花もありましたが、
これからは特性を説明したうえでチャレンジしてみようかなーと考えています。
お楽しみに。。。




スポンサーサイト

テーマ : フラワーアレンジメント
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

naoko

Author:naoko
こんにちは、フラワーアレンジメント教室 ミル・フルール主宰のnaokoです。

生活に活かせる、生涯の趣味として楽しむフラワーアレンジメント!を、テーマに季節の生花を中心にお花のレッスンを楽しんでいます。

現在様々なお仕事、年齢の方がお花に誘われレッスンに参加されています。
おかげさまで今年で17周年。
楽しい皆様のお陰で毎回気持ちよい時間を共有させていただいています。

サークルならではのカリキュラムで、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーなどお花に関する事ならなんでもレッスンに取り入れています。


フラワーアレンジメントレッスンは横浜市戸塚といずみ中央で行なっています。
詳しくはお問い合わせ下さい。
mille-fleurs@cl.cilas.net

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。