ムスカリの育てかた

今週は震災後初のレッスンでした。

皆さんそれぞれに時を過ごされたようでしたが
元気そうで久しぶりに顔を見られて嬉しかったです。

お花も東北の方々に思いを寄せて
東北の春をテーマに行ないました。
戸塚会場では体験レッスンのご参加もあり新しいお仲間も増えて
楽しい予感です。


ピンク、黄色、白、緑とやさしくかわいらしい花合わせでしたので
久しぶりには癒されていただけましたか?
レッスンの模様は次回UPしますね。



今回は、昨日アレンジメントをしながら話題になった
ムスカリの育てかたについて。。。

7.jpg
(今日収穫分、リビング、洗面所、おトイレよい香りです)



私の育て方なので園芸書ではダメなこともあるかもしれません。
ご注意してくださいね。
正直ムスカリは大変簡単、何もしないでもお水と太陽だけあれば元気に咲きます。
でもちょっとだけ
昨年の春からさかのぼってお話します。


春お花が終わったら、ぼっさぼっさに葉が茂ります。
この時液体肥料、固形肥料を撒きます。

夏ごろ葉が枯れてきたら思いっきり葉を坊主にして
軒下など雨の当たらないところに置き水遣りをしません。
または、葉が青々していたらそのままずーと水遣りを続けます。

秋になりお店に秋植えの球根が並び出したら
軒下からだして水遣りを始めます。

冬の間はぼさぼさに葉を茂らせておきます。

春は花が葉の下から芽をだしてきたらぼさぼさの葉を形よくカット
して、見栄え良くします。液体肥料や固形肥料をやりはじめます。


4.jpg

一度カットしてもだらしなく伸びた時はこのようにまたカットします。

5.jpg

花が満開の今は
写真のように下のほうの花がしぼんできたらカットして、
切花として楽しみましょう。

1.jpg

放置しておくとぺんぺん草のような種が出来てきます。
2.jpg

球根を太らせるためには下の花がしぼみはじめたらすぐにカットすると
種に養分をとられないためりっぱな球根になります。

6.jpg

お花が全部終わったら液体肥料、固形肥料をやりながら
葉が枯れるまでぼっさぼっさにして光合成をたっぷりさせます。
3.jpg


この繰り返しです。

ムスカリの場合、球根を掘り上げての植替えは3年はしなくても大丈夫です。
ずぼらさん(私のような)でも、窮屈なら球根がもりあがって窮屈そうに訴えてきますので
その時はさすがに植え替えしましょうね。

液体肥料は1週間に1度を目安に規定の量であげるとベストです。
わたしは、気が向いた時しかやりませんけど。。
薄める量は規定より薄いのはかまいませんが、絶対に濃くするのはだめです。

固形肥料も鉢植えの場合は一つまみをぱらぱら頻繁に(1週間に一度)
やるとよいです。このばあいも規定量より少ない量を数回に分けてやるとよいです。


今年秋には球根をほりあげますので
ご希望の方は、育ててみてくださいね。

我が家のベランダでは春を告げる欠かせないお花です。


来週から母の日のお花チャリティーショップをOPENします。
月曜日から作品をUPしはじめて水曜日までには全ての商品がそろう予定です。

是非ご利用下さい。
収益の9割は今回の震災遺児の方々を支援している
あしなが育英会さま開設の震災の口座に寄付いたします。

1割は5年前から私のライフワークであります
犬猫の保護活動をしている団体、個人に寄付、支援いたします。

詳しくは、後日またお知らせいたします。



フラワーアレンジメント参加者募集中
神奈川県横浜市戸塚駅・いずみ中央駅で行なっています。
初心者の方歓迎です。お気軽にお問い合わせ下さい


スポンサーサイト

テーマ : フラワーアレンジメント
ジャンル : 趣味・実用

暑くなりました。。。

今日も午前中は良い天気でしたねー。
いつもレッスン日が雨なので。。。
2回続けて晴れは、本当に嬉しい!
生徒の皆さんの晴れパワーが効いたのでしょうか!?

前回、前々回とガラスの器にお花を生けましたが、
花瓶のお水の濁りが全然違いましたねー。
気温の変化を花の水に教えてもらえます。

 2010ブログ



これからのシーズンは
・花瓶のお水はこまめにかえる事!
・器のぬるつきと茎(ステム)のぬるつきはしっかり洗い流す事!
・気温の高い時は、朝氷を入れると良い!

バクテリアの発生を極力抑えるとお花を長持ちさせられます。
漂白剤を数的垂らすとよい!などという話も聞きますが。。。
それもバクテリアの発生を防ぐという意味です。
ただ、入れすぎると茎が脱色します。
私は、上記のポイント3点で充分に思いますよ。

せかく可愛く咲いてくれてるお花です。
縁あって市場から、私、そして皆さんの手に渡りました。。。
最後まで綺麗に咲かせてあげてくださいね。

市場まで来てもだれにも買われず枯れてく花もあるのですからね。

テーマ : フラワーアレンジメント
ジャンル : 趣味・実用

お花の管理方法

関東も梅雨本番。。。
お花ももたない時季に入ってきましたね。
特に花瓶に入れたマム(菊科)、カーネーション見るも無残にステム(茎)がどろどろになっていませんか?   
                  6.14 014

私が実践しているお花の管理をご紹介。

1、スポンジ、花瓶ともに下葉の処理を怠らない事!
  葉が水についてると葉が痛んでドロドロの原因になります。

2、スポンジの場合、冷たい水道水(塩素がポイント)を入れてあげる。
  私は冷たくした水道水を日に3度(水が無くなっていたら)上げています。

3、花瓶、剣山使用の水盤などの時は、水道水と多めの氷を入れています。(朝、晩)
  朝、水を取り替えて氷を入れておくと夜帰宅時見ても水が濁ってない事がおおいです。
  (氷が解けたとき水があふれないように注意)

意外と盲点なのが器が汚れている事。。。
水が腐る原因はバクテリアの繁殖です。器は使い終わったら丁寧に洗ってあげてください。

スポンジ使用のアレンジメントの時は3日に1度切り戻してあげるとお花を長持ちさせます。
花瓶使用の場合は水を替えるときにステム(茎)も洗ってあげてぬめりを綺麗に流してください。
溶けたり、変色してる部分は取り除いてあげると水が腐りにくくなります。

                6.14 006

切り戻して短くなった花々はガラスのゴブレットに入れて飾ってあげるとまた素敵です。

そうだ、今年の皆勤賞は切り戻した花を飾れるガラスの器にします。
気に入ってもらえそうなものを探しにいかなくては、7月にお渡しします。お楽しみに。

テーマ : フラワーアレンジメント
ジャンル : 趣味・実用

水揚げが良いて。。。

お花の用語編。。。

よく私のお教室では、このお花水落しやすいので注意が必要ですよ~、とか、
このお花の水揚げの方法は~ですよ、などと言う話をしますが、
聞きなれない方もいると思うので簡単に説明します。

             2009 5 29 030(つり花作品)


水揚げが良い、というのは花材の水の吸い上げが良い事をいいます。

例えば、このお花水揚げがよく出来てるはぁ~と、言う時はそのお花が水を良く吸い上げていてピチピチ生きが良い元気な状態を示します。

市場からお花を買ってきて、さぁ、水揚げしましょ!と、言う時はそのお花の性質に応じて、折ったり、焼いたり、叩いたりしてお花が水を吸い上げしやすいように作業する事をいいます。

お花を長く綺麗に咲かせるためには必要なことです。


水落してる、水落しやすいとは、花材が十分に水を吸い上げる事ができずに、新しいお花なのにしなーとなる事を言います。または、お花自体が水を吸い上げる力が弱い場合を言います。

水落の原因のひとつ、お花を切り取ってから水につけずに放置した場合。
これでは、どんなお花でもしなーとしてしまいます。

原因のもうひとつは、お花の持つ特性です。
例えばこの時季綺麗なアジサイ。。。
お庭からきってきてすぐに花瓶に入れたのにしなーとなってしまった経験はありませんか?
綺麗なバラの花束。。。
花瓶に入れたのにすぐに花首が下がってしまった経験はありませんか?
お花によってはひとてまの手助けが必要な種類もあります。

それでも、切花は切り取られてから飛行機やトラックに載せられ
市場に届くまでに少なくても1~2日かかってそこからお花屋さん→私達の手に届きます。
そのため、どんどん品種改良がなされてより日持ち、水揚げの良い品種が出てきています。
お教室でも水落しやすいなどの理由から使わないお花もありましたが、
これからは特性を説明したうえでチャレンジしてみようかなーと考えています。
お楽しみに。。。




テーマ : フラワーアレンジメント
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

naoko

Author:naoko
こんにちは、フラワーアレンジメント教室 ミル・フルール主宰のnaokoです。

生活に活かせる、生涯の趣味として楽しむフラワーアレンジメント!を、テーマに季節の生花を中心にお花のレッスンを楽しんでいます。

現在様々なお仕事、年齢の方がお花に誘われレッスンに参加されています。
おかげさまで今年で17周年。
楽しい皆様のお陰で毎回気持ちよい時間を共有させていただいています。

サークルならではのカリキュラムで、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーなどお花に関する事ならなんでもレッスンに取り入れています。


フラワーアレンジメントレッスンは横浜市戸塚といずみ中央で行なっています。
詳しくはお問い合わせ下さい。
mille-fleurs@cl.cilas.net

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード